オホーツク海を一望できる丘の上の

緑深い森の中に『美波里のたまご』の小さな農園はあります。

 

手つかずの自然が残るこの森には、

落葉樹も多く、豊富な土壌微生物が生息するため、

たっぷりの養分を含んだ腐葉土が幾重にもなり、

大自然の壮大な自然循環システムを

作り上げてくれています。

 

私たちは、この自然循環システムを取り入れた自然農法により、

できる限り人の手を加えず、

ありのままの自然環境で鶏たちを育てています。

 


美波里(びばり)の由来


北海道最東端の根室半島。

遠浅のオホーツク海では、風が吹くと小さな波がいくつも立ち、その波頭が白くなることを ”白兎が飛んでいる”と表現されてきました。そんな ”美しい波を一望できる里” にちなんで『美波里』と名付けました。


掲載


ウェブマガジン旅色の北海道(十勝・帯広)グルメ&観光特集に紹介されました。


地図